お問い合わせ
ニュース
ホーム > ニュース > お知らせ > 第1回ICN環境ラウンドを実施しました。

第1回ICN環境ラウンドを実施しました。

2022.06.15
お知らせ
クリーンルーム内の環境をチェックする秋間氏(感染管理認定看護師)と質問に回答しているバンク室助産師

厚生労働科学研究費補助金「ドナーミルクを安定供給できる母乳バンクを整備するための研究」(20DA1008)研究班が策定した「母乳バンク運用基準第3版」の「母乳バンクの認定条件」に基づき、母乳バンクでは感染制御の専門家による定期的な評価を受ける必要があります。2022年6月8日(水)に、日本財団母乳バンクでは稼働後、第1回目となるInfection Control Nurse(ICN)環境ラウンドを感染管理認定看護師の秋間悦子氏に実施いただきました。

日本財団母乳バンク 第1回ICN環境ラウンド結果

なお、環境ラウンドで改善が指摘された手洗い場における2点については、2022年6月15日(水)までに下記の通り対応いたしました。

①手洗い場での手洗い手順の掲示

手洗い場での手洗い手順の掲示
②手洗い場のペーパータオルが濡れないための工夫➡ペーパータオルラックの設置
ペーパータオルラックの設置

改善策実施後の手洗い場

今後も、安心安全のドナーミルクを提供するために、定期的な評価を受けて参ります。 

Contact母乳を必要としている
赤ちゃんがいます。
⽇本では年間5,000人の超早産・極低出⽣体重の
⾚ちゃんが⺟乳を必要としています。