お問い合わせ

医療関係者の方

ホーム > 医療関係者の方

Message医療関係者の方へ

ドナーミルクの使用をご検討されている医療関係者、医療施設の皆さまへ。
日本財団母乳バンクでは、2022年4月よりご登録いただいた施設に初年度無償でドナーミルクの提供を行います。
まずはドナーミルク使用施設登録を行ってください。
担当者よりご連絡し、同意書の記入をもって施設登録を完了いたします。

そして、ドナーミルクが必要となりましたら、ドナーミルク注文フォームでお申し込みください。
必要情報照会後、迅速にドナーミルクの発送を行います。

Our Role日本財団母乳バンクの
役割とは

⼀般財団法⼈⽇本財団⺟乳バンクでは、日本において年間に必要とされている5,000⼈の超早産児・極低出生体重児のドナーミルクを
適切に低温殺菌処理・冷凍管理し、安全に提供できる体制を構築することを⽬標に活動しています。
また、ドナーミルクの栄養価や超早産児・極低出生体重児の経腸栄養に効果的な⽣理活性物質量も測定分析することで、
オーダーメイドのドナーミルクを提供できる研究体制を構築しています。

01
ドナーミルクの安定供給

国内ニーズを満たす年間5,000⼈分の低温殺菌処理されたドナーミルクを安定的に提供できる体制を構築します。

02
ドナーミルクの安全性と効果の調査研究

超早産児・極低出生体重児の成長を促すドナーミルクの栄養価や⽣理活性物質量を測定分析することで、オーダーメイドのドナーミルクを提供できる研究体制を構築します。

03
母乳バンクに関する周知啓発

より多くの赤ちゃんの命を守るために、母乳バンクの活動をウェブサイトやイベントなどで発信していきます。

Advantagesドナーミルクを
導入するメリット

ドナーミルク導入のメリットは、小さな赤ちゃんの身体に負担をかけずに最適な栄養を与えられることです。
加えて、何らかの理由で母乳をあげることのできないお母さんの身体的、精神的な負担を減らすことができます。
ドナーミルクを導入した施設では、「もうドナーミルクなしの体制には戻れない」とその高い効果を実感いただいています。

01
Advantage
赤ちゃんの経腸栄養をすぐに
開始できる

出産後何らかの理由でお母さんの母乳が出ない場合には、お母さんの母乳が出るまでの期間を待つことなく、すぐに赤ちゃんへの経腸栄養を開始できます。

02
Advantage
セカンドベストの栄養を
与えられる

1回に出る母乳の量にかかわらず、その赤ちゃんにとっての適切な量の栄養をあげることができます。また、お母さんが治療等のために母乳を与えることができない場合にも、人工乳ではなくドナーミルクのほうが赤ちゃんに良い場合も少なくありません。

03
Advantage
壊死性腸炎のリスクを
減らすことができる

人工乳(粉ミルク)とドナーミルクを比較した場合、人工乳の方が、1.87倍の壊死性腸炎(※1)にかかるリスクが高くなってしまいます。ドナーミルクの使用で壊死性腸炎のリスクを減らすことができます。
※1:Quigley M et al., Cochrane Database of Systematic Reviews, 2019
DOI: 10.1002/14651858.CD002971.pub5

04
Advantage
静脈栄養(点滴)期間を
短縮できる

早くから経腸栄養を始めることができる場合には、静脈栄養期間の短縮につながり赤ちゃんの負担を減らすことができます。(※2)
※2:Oikawa K et al., Pediatrics International, 2021
DOI: 10.1111/ped.15071

05
Advantage
母乳しか身体が受け付けない
赤ちゃんに対応できる

難治性下痢症やミルクアレルギーの赤ちゃんは、身体が人工乳を受け付けません。このような場合に、かつお母さんの母乳が足りない時、ドナーミルクは最適です。

06
Advantage
お母さんの負担を
減らすことができる

早産となった場合や帝王切開の場合、様々な要因やストレスでお母さんの母乳が出にくい状態となることもあります。お母さんたちの身体的な負担と精神的なプレッシャー、それらをドナーミルクは軽くすることができます。

Donor Milk Requestドナーミルクの要請

ドナーミルクの使用をご検討されている医療関係者、医療施設の皆さまへ。
日本財団母乳バンクでは、ご希望の施設に初年度無償でドナーミルクの提供を行っております。
まずは、以下よりドナーミルク使用施設登録を行ってください。

担当者よりご連絡し、同意書の記入をもって施設登録を完了いたします。

その後、ドナーミルクが必要となりましたら、以下のドナーミルク注文フォームにてお申込みください。

必要情報照会後、迅速にドナーミルクの発送を行います。

 

現在、日本財団母乳バンクからドナーミルクを提供している病院は以下の通りです。

(※登録順)

 

茨城県立こども病院
茨城県
神奈川県立こども医療センター
神奈川
千葉市立海浜病院
千葉県
藤田医科大学病院
愛知県
名古屋市立大学医学部附属西部医療センター
愛知県
順天堂浦安病院
千葉県
国保直営総合病院君津中央病院
千葉県
四国こどもとおとなの医療センター
香川県
北見赤十字病院
北海道
横須賀市立うわまち病院
神奈川県
大分大学医学部附属病院
大分県
日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院
愛知県
松戸市立総合医療センター
千葉県
愛知医科大学病院
愛知県

Delivery of Donor Milk to Babies母乳バンクから母乳が赤ちゃんに届くまでの流れ

Step.
01
ドナーミルクの受け取りと保存
  • 01
    ドナーが発送した冷凍母乳(ドナーミルク)が溶けていないか確認。
  • 02
    ドナーミルクを入れた容器やバッグ(ドナーミルクパック)に傷など破損がないか確認。
  • 03
    ドナーミルクパックの一つ一つをアルコール綿で拭き取りながら、目視で異物の混入がないか確認。
  • 04
    冷凍のまま冷凍庫(マイナス20℃以下)で保存。
Step.
02
低温殺菌処理
搾乳した日を確認し、搾乳した日の3か月以内を目安に低温殺菌処理を行います。原則的に、1回の低温殺菌処理では、1人のドナーミルクのみを扱います(長期間利用する場合には栄養素のばらつきをなくすために、複数名のドナーミルクを混ぜることがあります)。冷凍母乳は冷蔵庫内で一晩かけて解凍します。翌日、解凍されていることを確認し、以下の処理を行います。
  • 01
    清潔なフラスコに解凍したドナーミルクパックを全量投入。
  • 02
    この一部を清潔に採取し、細菌検査。
  • 03
    撹拌したのちに容器に分けて密閉。
  • 04
    62.5℃で30分の低温殺菌処理。
  • 05
    その後、小さな容器に分けて冷凍保存。
  • 06
    細菌検査の結果、使用可能と判断されたドナーミルクのみ専用の冷凍庫に保存。
  • 低温殺菌処理前でも、病原菌が検出された場合にはドナーミルクとして使用しません。
  • 低温殺菌処理後の細菌検査では、いかなる菌も培養されないことがドナーミルク使用の条件となります。
  • 低温殺菌したドナーミルクの使用期限は、搾乳日から6か月以内となります。期限内に使用しなかった場合、ドナーミルクは廃棄されます。
  • 母乳バンクは定期的に感染制御の専門家のチェックを受け、衛生的な環境を維持しています。
  • 当母乳バンクは北米母乳バンク協会(HMBANA)の施設基準を満たしています。
Step.
03
ドナーミルクの識別
  • ドナーミルクには、処理時に発行するバッチ番号がついています。
  • ドナーミルクを与えられる赤ちゃんの記録には、どのバッチ番号がついたドナーミルクがどれくらい与えられたかも記載されます。
  • これによって、もし問題が起こった場合にどの母乳が与えられたか追跡できます。
Step.
04
ドナーミルクの提供
  • 01
    NICU等の各施設から当母乳バンクにドナーミルクの要請。
  • 02
    当母乳バンクから各施設へ配送。
  • 03
    各施設にて-20℃で保管。
  • 04
    赤ちゃんの担当医がドナーミルクの必要性を考慮し、両親にドナーミルクについて説明し、文書での同意を取得。
  • 05
    ドナーミルクを赤ちゃんに投与。
Step.
05
NICUでのドナーミルクの扱い方
  • 01
    担当看護師は医師とともに、ドナーミルクを与えようとしている赤ちゃんが、「両親の同意が得られているレシピエント」であることを確認。
  • 02
    担当医と看護師が容器に貼付されているバッチ番号と使用期限を確認し、担当医はその赤ちゃんの診療録にそのバッチ番号を記載。
  • 03
    ドナーミルクを解凍し、哺乳瓶に分注する際、その赤ちゃんに用いるドナーミルクであることがわかるように看護スタッフがダブルチェック。
  • 04
    バッチ番号ごとに何ミリリットル与えられたかがわかるように、診療録に記載。

 

Contact母乳を必要としている
赤ちゃんがいます。
⽇本では年間5,000人の早産・極低出⽣体重の
⾚ちゃんが⺟乳を必要としています。