お問い合わせ
ニュース
ホーム > ニュース > お知らせ > 「第5回母乳バンクカンファレンス」を開催いたしました。

「第5回母乳バンクカンファレンス」を開催いたしました。

2022.06.06
お知らせ
第2部登壇者:右から自見仁美先生、大津絢香先生、水野理事長、及川剛先生

日本財団母乳バンクは、2022年6月4日(土)に「第5回母乳バンクカンファレンス」を主催いたしました。当日は、170人を超える方が対面会場(日本財団ビル)およびオンラインからご参加いただき、活発な質疑応答がなされました。

※開催後アンケート結果はこちら

◆開催概要
◎日時 :2022年6月4日(土) 14:00~17:00(受付は13:30~)
◎場所 :日本財団ビル2階大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)/ オンライン(ZOOMを使用します)
◎主催 :一般財団法人日本財団母乳バンク
◎協力 :一般社団法人日本母乳バンク協会、ピジョン株式会社
◎助成 :日本財団

◆プログラム
14:00-14:05 開会のあいさつ 日本財団母乳バンク 常務理事 田中麻里

14:05-15:00 第1部 母乳バンクのデータ

  • 日本財団母乳バンク理事長 水野克已 「母乳バンクデータ」
  • 昭和大学 研修医 織田彩香「母乳バンク・経腸栄養についてのアンケート調査結果」
  • 日本財団母乳バンクアドバイザー 多胡愛香「ドナーミルクの安全と品質」

15:10-15:55  第2部  各ドナーミルク使用施設からの発表(長期に利用した症例)

  • 東北大学病院 新生児グループ 及川剛「難治性下痢症に対して、ドナーミルクを長期間使用し経腸栄養が確立できた新生児例」
  • 杏林大学医学部附属病院 小児科 大津絢香「母親が新型コロナウイルス感染症のためECMO治療を必要とした極低出生体重児例」
  • 高槻病院 新生児科 自見仁美「NECを鑑別にあげた重症感染症の一例」     

16:00-16:40 第3部 日本財団母乳バンクの研究発表 

  • 日本財団母乳バンク 主任研究員 田中未央里「ドナーミルク中の主要栄養素及び免疫物質濃度の測定」
  • 日本財団母乳バンク 研究生 三浦久美子「早産および正期産の母親由来のドナーミルクにおける細菌プロファイルの比較検討」
  • 日本財団母乳バンク 研究生 伊藤瑞穂「乳腺炎におけるNa/K比及び細菌の関係性」

16:40-17:00 第4部 母乳バンクレシピエント・ユーザーからの声  

  • ピジョン株式会社 経営戦略本部 コーポレートコミュニケーション室  PRグループ 都媛媛「ドナーミルクを利用された赤ちゃんとご家族の声をまとめたBOOKについて」
  • 一般社団法人日本母乳バンク協会 理事 若松美洋「ドナーミルクを運用している看護職者のカジュアルミーティングのご報告」

17:00-17:05 閉会のあいさつ 日本財団母乳バンク理事長 水野克已

第1部登壇者:右から多胡愛香日本財団母乳バンクアドバイザー、水野理事長、織田彩花先生
第2部登壇者:右から自見仁美先生、大津絢香先生、水野理事長、及川剛先生
第3部登壇者:右から三浦久美子研究生、伊藤瑞穂研究生、水野理事長、田中未央里主任研究員
第4部登壇者:右からピジョン株式会社手塚様、都様、水野理事長、一般社団法人日本母乳バンク協会若松様

Contact母乳を必要としている
赤ちゃんがいます。
⽇本では年間5,000人の超早産・極低出⽣体重の
⾚ちゃんが⺟乳を必要としています。